日本都市計画学会関西支部
常置委員会の業務
Ver.


[Update 2009/01/28]

企画・事業委員会
 都市計画に関わる人びとの交流や学習機会の提供を目的として、年2回の都市計画シンポジウムと年2回の都市計画講演会を企画立案し、その運営を行う。

編集・広報委員会
 年1回発行する「支部だより」や適宜更新するホームページにより、支部の活動内容や行事を広報し、また新しい都市計画の話題や事業の紹介等情報発信を行う。

事例研究委員会
 都市計画の実施事例の調査研究を行う。現地踏査や専門家の経験談を聞くことも行う。平成13年度の活動では「まちづくりの知恵」として51人の専門家の経験的知恵をまとめた。

国際交流委員会
 都市計画に関する国際的な学術交流を深めるために、海外交流ツアーと講演会を各年1回、構成メンバーの興味も大切にしながら企画・運営している。

関西まちづくり賞委員会
 関西のまちづくりにおいて、調査・研究、計画・設計、事業面でその業績が顕著なもの、都市計画の進歩・発展への貢献が大なるもの、または、優れた特色を有する画期的業績が認められるもので支部会員が直接関与したもの等を、公募し、選考して表彰する。

会員・会計委員会
  • 次年度予算案を作成する。(1〜2月)
  • 当年度決算書を作成する。(同上)
  • 予算執行状況を照合・確認する。(次年度からは途中段階で各幹事に予算執行状況をお知らせする「予報」の通知を検討中)
  • 「支部会員に関する事務」についての検討を行う。

総務委員会
  • 支部長の元に幹事会の運営事務を行う。(議事次第の作成、議事録作成、議事録の幹事への送付、HP掲載用の議事概要の作成)
  • 支部長から依頼された支部運営にかかる課題の準備的検討を行う。
  • 共催、後援および支部作成報告書記載内容の転載等の承認依頼を受け付け、審査決定・通知し、結果を幹事会に報告する。
  • 調査研究会の応募の受け付け事務を行う。
  • 総会の議案書(案)を作成する。
  • その他
研究発表委員会
 支部研究発表会の募集からプログラム作成、発表会当日の運営等、研究発表会に関わる業務を担当する。



[トップページに戻る]