1998/4 No.11 日本都市計画学会 関西支部だより

トピックス
大阪まちづくり資料展示室〜まちづくりのPRや博士論文の収録など〜
     高岡 邦彦


 新大阪駅の北西に位置する「ソーラ新大阪21」ビルの3階に、平成9年4月より「新大阪まちづくり資料展示室」がオープンしております。

 新大阪駅周辺での土地区画整理事業は、大阪市が新都心形成を目指し、約288haの広大な地域で昭和36年から施行し、約6200戸の建物移転を行い、平成元年に収束した壮大な事業であり、「ソーラ新大阪21」ビルは、この土地区画整理事業により集合換地された市有地に、土地信託方式で建設された建物で、建設に際し地元住民から記念施設的なものの設置を強く要望されておりました。そこで、新大阪のまちづくりを記念するという観点から、本「新大阪まちづくり資料展示室」を設置し、年表を中心とした新大阪駅周辺土地区画整理事業に関する展示を行っております。

 また、戦前の施行区域を含めると、市域の約50%を土地区画整理事業により整備しているという実績のある、大阪市のまちづくり事業の紹介として、市内各地区で施行の事業の記念誌やパンフレットを展示し、ビデオを放映する一方、都市計画に関する雑誌・書籍等幅広く収集展示し、また現在の市政のビデオを用意し、まちづくりに関する総合的なPR施設となるようにしております。

 さらに、まちづくりについて専門的に取り組んでおられる内外の専門家の方々が訪阪来場されるため、ディサテーションのコーナーを設け、まちづくり・都市計画に関する博士論文を収集し(平成10年1月現在約100冊)、閲覧に供しているところです。

 なお、土・日曜日・祝祭日及び年末年始を休館日とし、開館時間は午前10時から午後4時までとなっており、どなたでも自由(無料)に入場いただけます。


お問い合わせは:
〒532-0004 大阪市淀川区西宮原2-1-3
TEL 06-350-2004



前ページ


11号・表紙


次ページ

Copyright(C)1999 (社)日本都市計画学会関西支部