1999/9 No.14 日本都市計画学会 関西支部だより

支部活動報告
会員・会計委員会から


本年度の会員・会計委員は次の4名です。

  • 山本  清 (委員長・鞄建設計)
  • 渡瀬  誠 (大阪市)
  • 田中 尚人 (京都大学)
  • 江上 秀和 (鞄建設計)

 学会の財政事情から会費の値上げをさせていただきましたが、会員サービスの向上に努めておりますので、ご理解を賜り、未納の方はなるべく早い目の納入をよろしくお願いいたします。
また、同僚・知人・友人の方々へ入会の勧誘をよろしくお願いいたします。


支部活動報告
事例研究委員会から

■事例研究会の開催
テーマ:古都に学ぶ都市づくり〜都市の保全・再生・創造〜
日時:1999年6月16日
場 所:京都市アヴァンティホール
参加者:約160名
内容:
 
基調報告)

「歴史都市・京都における都市づくり」
三輪 泰司((株)地域計画建築研究所会長)

事例報告)

@「21世紀・京都のグランドビジョン」について
西村  裕(京都市総合企画局政策企画室担当課長)

A「京都駅改築と都市づくり」
小山 選一((財)京都市景観・まちづくりセンター専務理事)

B既成市街地における循環型市街地更新〜京都都心部の試み〜
寺田 敏紀((財)京都市景観・まちづくりセンター事務局次長)


■関西支部創立10周年事業「まちづくりの知恵」の刊行に向けて
 事例研究委員会では、関西のこれまでのまちづくりの知恵を集めた冊子の作成の検討をして参りましたが、関西支部創立10周年を契機に具体化を図ることなりました。
現在、「まちづくりの知恵」の発掘・発見・検証の作業の第1段階として、事例の抽出整理を行っておりますが、会員・賛助会員の皆様からも「まちづくりの知恵」に相応しい事例の推薦を戴き、会員参加によるものとしたいと考えております。
つきましては下記の要領で積極的な推薦をお願い致します。
・事例の範囲:
関西まちづくり賞の対象にならないもので、過去に遡って、まちづくりの歴史から重要な転機となったもの、あるいは今後のまちづくりを考える上で参考にすべきもの等。
・締切: 1999年11月30日
・提出先:
(社)都市計画学会関西支部事務局内 事例研究委員会宛
TEL 06(6647)1910 FAX 06(6647)1920
E-MAIL)kansai@cp-n.com
・問い合わせは都市計画学会関西支部事務局池田順一までお願い致します。
・記入は下記の記入例にならって下さい。
・送信者の氏名や連絡先等を忘れずに記入して下さい。

〔記入例〕
カテゴリー名称施行者 推薦のキ−ワ−ド原稿執筆者候補
@御堂筋大阪市 ・受益者負担制度の適用元計画局長 ○×□△氏
B千里NT 大阪府 ・ニュータウン開発の先駆け
・新住宅市街地開発法の契機
ABC建設専務XYZ氏

送信者連絡先
氏名 TEL      FAX      
E-MAIL
所属 
― カテゴリー ―@都市基盤施設
A土地利用計画及び建築誘導
B市街地の整備
Cまちづくりのソフト
Dその他

※推薦事例は幾つでも結構です。原稿執筆者候補は思い当たらなければ空白でも結構ですが、その他は必ず記入して下さい。



前ページ


14号・表紙


次ページ

Copyright(C)1999 (社)日本都市計画学会関西支部