2018/09/06 【行事案内】

日本都市計画学会 第1回全国大会 <第1日目>11月16日(金)のプログラムについて

エクスカーション / パネルディスカッション / ポスター展示 / 交流会 のご案内

【主旨】
 大阪は「水の都」と称えられ、水運がまちの経済や文化の発展を支えてきましたが、近代以降、河川空間は都市の裏側となり、水辺に関心が向けられることはなくなりました。
 都市の成熟期に至り、水辺再生に取り組み始め、80年代の「アーバンプランニングの時代」、90年代から21世紀初頭の「事業の時代」、そしてアクティビティを活性化させる「プログラムの時代」へと変遷してきました。
 本プログラムでは、エクスカーションで水の上から大阪の水辺の到達点を体感していただいた上で、各年代の実務に携わったキーパーソンによるパネルディスカッションを通じて、大阪の水辺プランニングのこれまでを振り返り、成果を共有するとともに、これからのプランニングのあり方を展望する機会としたいと考えています。
 さらに、ポスター展示では都市計画・まちづくりの実務の仕事を紹介し、交流会では都市計画コンサルタント協会による認定都市プランナー制度や都市計画コンサルタント優良業務登録事業(ejob事業)を紹介するなど、プランナーの仕事を若い世代に知っていただく場を設けます。


【日時】
2018年11月16日(金)11:30~19:30(雨天決行)

【プログラム】
◆エクスカーション「水都大阪を巡る舟遊び」
 <時間>12:50~14:00(11:30~12:30の間に受付を必ずお済ませませください)
 <場所>淀屋橋港発着(土佐堀川→木津川→堂島川→土佐堀川)
 <案内>OSAKA旅めがね
◆パネルディスカッション「大阪の水辺プランニング」
 <時間>15:00~17:30
 <場所>大阪府立中之島図書館3階多目的スペース2
 <コーディネーター>嘉名光市(大阪市立大学)
 <パネリスト>井口勝文(INOPLΛS都市建築デザイン研究所)
        川上卓(大阪府都市整備部)
        泉英明(㈲ハートビートプラン)
◆ポスター展示「都市計画・まちづくりの仕事」
 <時間>14:30~18:00
 <場所>大阪府立中之島図書館3階多目的スペース2
◆交流会「認定都市プランナーとの交流」
 <時間>18:00~19:30
 <場所>大阪府立中之島図書館3階多目的スペース2 

【参加費】
 エクスカーションおよびパネルディスカッションは、全国大会参加費(会員5,000円、非会員8,000円、学生1,000円:3日間共通)に含まれますので、大会参加費の支払が必要です。交流会は別途費用(一般3,000円、学生1,000円)が必要です。

【定員】
100 名:事前申し込み制

【申し込み】
下記のリンク先より、告知内容を確認の上、10月10日(水)までに、お申込みください。
https://goo.gl/forms/XP7izcYeMdHgmiOv1
*申し込み多数の場合は抽選とし、エクスカーション については、シンポジウムと関連することから、両方の申込者を優先します。またイベントの趣旨等から一定学生優先枠を設定します。

PAGE TOP